UnrealEngine4

AGR-Import-Export-FBX ツールについて

AGR関連のプラグインの CSGO-AGR-Import-Export-FBX について書きます。

簡単に言うと、ImportとExportを同時にできて、かついろいろ設定できるからBlenderだけでいけるよツールです。

そもそもAGRってなんぞって人は HLAEのAGRを使ってみよう! を呼んでください。
3Dに関しては CS:GOをUnreal Engine 4でムービー化 を。

できること

  • .agrのインポート
  • mirv_streams record agr record invisible 1で録画した場合の生存データと死亡データの統合
  • physicsの削除
  • すべてのアニメーションを個別ファイルでFBXエクスポート

面倒なとこはぜんぶこれがやってくれるって感じです。

また、record weaponをした場合でも落ちた武器以外は消してくれる機能もあります。

つかいかた

Blender Source Tool、afx-blender-scriptsをインストールした後、このプラグインを入れます。

インポートから AGR Import and Export FBX を選択。

  • FPS 録画したときのhost_framerateに合わせてください。
  • /: そのまま1
  • Asset Path デコンパイルデータのパスを入力
  • Add interpolated key frames 極端にフレーム落ちしてるやつとかに効果あるみたいですが、なしでOK
  • Scale そのまま0.01
  • Scale invisible to zero チェック入れると自分の環境ではUE4でよみこめません。
  • Preserve SMD Polygons & Normals よくわからないけどチェックでOK
  • Exports Path FBXのエクスポートパスを入れてください。どこでもOKです。

これをいれてagrを読み込み。

読み込み→個別書き出しまで全部やるので、めっっっっちゃながいです。
ExportPathに設定したところに afxGameRecord ができているのでそこに格納されます。

 

こんなかんじです。

RunAndDeathっていうのが、一括ファイルです。逆に言うと死んだキャラのデータです。

これができたらUE4にそのまま入れてもOK。

非常に簡単かつ、3D化が早くなる良いツールです。

CS:GOをUnreal Engine 4でムービー化

CS:GOのデモを3D化して、各種3Dソフトにて再現しようという記事。
自分もまだ試行錯誤中なところがあるので、全て完璧ではないのでご了承ください。

またこの記事はいわゆる普通のフラグムービーの制作方法とは異なり
様々な外部ソフトを使いますので、そこもご了承ください。

ざっくりな説明になると思うのですが、参考になれば幸いです。

続きを読む

CS:GO – DEAD LINER

CS:GOの3Dムービーで2作目ができました。
まだまだ課題が多く、特にマテリアルとライティング、環境効果は今後も洗練していく必要を感じます。

こういうのは急激にレベルアップするものでもないですし、少しずつ作っていって
最新作を見たときに1作目を見て、成長を感じれればいいかなと思っています。

追記は自己満足と雑記です。

続きを読む

キーフレームのないアニメーションをUE4にインポートする

最近UE4でムービーを作る過程で、アニメーションが必要なものは他のソフトで作ってFBXで書き出せば
とりあえずは読み込めます。が、問題はキーフレームの存在しないアニメーションです。
例えばCinema4Dで作ったMographや、物理演算的なので作ったアニメーションはいちいちベイクしなきゃいけないのかと思っていました。

別段面倒な作業ではないですが、修正などを考えるとウーン。という中で
Alembicという形式で出力すればそのまま持っていけるという情報を手に入れたので実際に試してみました。

https://gyazo.com/45ed1084c3e7ff168d1352f840a1f104

続きを読む

CS:GO 3DCGフラグムービー Attempt

本日やっと新しいCS:GOムービーをアップロードしました!
CS:GOの動画をアップするのは実に2年ぶりです。前作が2016年初頭でした。

タイトルがAttemptで、試す的な意味もあるみたいです。
今回の試みとしてはUnreal Engine4でのレンダリングでした。

追記にいろいろ雑記載せます。

続きを読む

CS:GOをUnreal Engineで再現したい

追記:制作方法を書きました – https://azuleat.com/csgo-to-3dcg-tips/

CS:GOのムービーでいくつかフル3Dで表現されている動画あります。
最美麗な映像は、Nikkyy氏のClock Work4が有名かな?

これを見て、すごいなと思うのは実際のDemoとキルした敵の位置が微妙に違うこと。
つまりあとから敵やプレイヤーを3Dで再現していること。たぶん。
相当な労力がいると思うし、レンダリングいったい何時間かかったんだと…

で、まあそんな大掛かりなことは技術的にも、時間的にも当然自分にはできないわけで。
そんな中、あたらしい3Dの表現が生まれてきました。



Unreal Engineでのプリレンダムービー。


そもそもゲームエンジンですが、最近はその綺麗さに映像にも使われるようになってきました。
実際に使っている事業者とも話したことがありますが、結構推してきた印象です。

まず大きいのは、使用料金がかからないこと。
2年前までは月額20ドルほどの値段がかかっていた同ソフトは、それ以降ソフト使用自体は無料に。
ただ、Unreal Engineで作られたゲームの収益でロイヤリティが発生する形式になりました。
四半期で3000ドルを超えない場合は、ゲーム制作でもお金がかからない。年間で12000ドル前後です。

映像レンダリングなので、この制約は考えなくても良いでしょう…たぶん。

つまり今回はこのUnreal Engine4で、CSGOのムービーを作るということを目標にしています。
上記の Mind Tree はUnreal Engineでレンダリングしたと、制作者も豪語しています。
Its rendered in Unreal Engine 4

実際にやってみよう。

…とはいえ、まずUnreal Engine4初心者が使いこなせるはずもない。
そしてCS:GOのデモをUnreal Engineにインポートする方法は、そこまで明るみに出ていない。
ある一定コミュニティの中だけで完結し、RedditやYouTubeなどにはあまり出てきていない。
この状態では何から始めたものかと小一時間悩んだ末

とりあえずマップのインポートを行ってみた。
休みを1日費やした。1日。ガッツリPCと向き合って1日。

そしてできた。マップだけで1日。気が遠くなっちゃう~~。
ライティングとかは調整してないので、微妙だけど…。
次はカメラデータをインポートすることを目標に色々調べなくては。

RapidWorksのyudai氏と一緒に試行錯誤しています。