PUBG ピストル比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あまり使い勝手が良くないせいで、落下後の本当の意味での序盤以外はあまり使うことのないピストル。
屋上に降りたり、相手がまだ武器を持っていない段階などでは効果を発揮する。

2.4.13.7アップデートで持ち替え速度が上昇した影響で、多少は使い勝手が上がった。

ピストルガイド

イメージ 名称 使用弾薬 装弾数 / 拡張 射撃モード リロード方式
P18C 17 / 25 単発 / フルオート マガジン
P1911 7 / 12 単発 マガジン
P92 15 / 20 単発 マガジン
P1895 7 単発 1発ずつ

ゲーム内では最も手に入りやすく、比較的どこでも見つけることができる。
ただし威力も低いので、対人利用は序盤以外は現状あまり使われることはない。

窓ガラスを割ったり、威嚇射撃、タイヤのパンクなどには中盤以降も利用価値がある。

またアタッチメントのサプレッサー(拳銃)のドロップ率が高いので
上記の目的に使用する際に、効果を発揮する。

P18Cだけはフルオートでの射撃が可能。連射速度も速い。
また、P1895はマガジンタイプではないので1発でも装填されていれば射撃することができる。
そのためリロード途中でも撃つことができる。

性能比較

イメージ ダメージ 弾速 連射速度 リロード時間
19 375 0.06秒 2秒 / 1.7秒
35 250 0.11秒 2秒 / 1.7秒
29 380 0.135秒 2.1秒 / 1.8秒
46 330 0.4秒 フルリロード時間6.25秒
1発目 / 1秒
2発目以降 / 0.75秒

プレイしていれば何となく分かるような項目。

同じ9mmでもダメージが違う。
リロード時間はマガジン形式のものはほとんど誤差と言ったところ。

アタッチメント比較

イメージ
× ×

P1895以外は全部装着可能。
サプレッサーは全てのピストルで装着できる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください