PUBG パフォーマンスに特化したグラフィック軽量化設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 2018年3月現在は既に古い情報です。この設定も使えないのでご注意ください。

pubg.meにあった記事をそのまま軽く和訳してる感じ。

PUBGでのパフォーマンスに特化したグラフィック設定をして、フレームレートをあげようという記事みたい。

元記事 : Competitive PUBG Config Guide – PUBG.me

iniファイルいじるのは公式が推奨してないので自己責任で。

はじめに

このガイドは、PUBGのパフォーマンス最適化に役立ちます。
これらの設定については、ゲームのトッププレイヤーの一部と議論・テストした結果です。

注意:このガイドはパフォーマンスの最適化に重点を置いています。

設定ファイル

このセクションは設定ファイルの編集に慣れているユーザーにおすすめです。

CS:GOのautoexec.cfgと同様で、PUBGにも編集可能なファイルがあります。
これを変更することでパフォーマンスを向上させることができます。
警告:このガイドをリリースして以来、PUBGフォーラムはFAQを更新しました。設定ファイルの編集が行動規則に違反していると警告もしくは、禁止、BANにつながる可能性もあります。自己責任で編集してください。

設定ファイルを編集する前にゲームを終了してください。
設定ファイルは、次のディレクトリに格納されています。
C:¥Users¥YOUR_USERNAME¥AppData¥Local¥TslGame¥Saved¥Config¥WindowsNoEditor
WIN + Rを押して以下のコードをコピーすると簡単にアクセスできます。
%localappdata%\ TslGame \ Saved \ Config \ WindowsNoEditor

ENGINE.ini

上で説明したディレクトリに、Engine.iniという名前のファイルがあります。
このファイルを編集し、その内容を次にように変更します。
[/Script/Engine.RendererSettings]
r.DefaultFeature.Bloom = False
r.DefaultFeature.AmbientOcclusion = False
r.DefaultFeature.AmbientOcclusionStaticFraction = False
r.DefaultFeature.AutoExposure = False
r.DefaultFeature.MotionBlur = False
r.DepthOfFieldQuality = 0
r。 DepthOfField.MaxSize = 0
r.SwitchGridShadow = 0

[/Script/TslGame.TslEngine]
FrameRateCap = 0
これらの変更で、後処理効果が除去されてパフォーマンスと可視性が向上します。

FrameRateCap = 0は一部のユーザーのパフォーマンスが向上します。
144fpsの制限を強制的に削除できます。
フレームキャップを削除することで遅延が発生する場合はデフォルトの144か、240にしてみてください。

ゲーム内の設定

グラフィックス/スクリーン

スクリーンモード: フルスクリーンモード

グラフィック設定

殆どは非常に低いで大丈夫です。
画面スケール: 100
アンチエイリアシング: 非常に低い
○非常に低いに設定すると、アンチエイリアシングが無効化されます。
○中長距離における、敵を索敵するのに便利です。
○ギザギザの端が気に食わない場合は低にしてください。
影: 非常に低い
ポストプロセス: 非常に低い
テクスチャ: ミディアム
○VRAMが低い場合は、非常に低いをおすすめします。
エフェクト: 非常に低い
植生効果: 非常に低い
距離を表示: ウルトラ
○これをウルトラに設定すると離れたオブジェクトを見つけることができます。
○パラシュート降下中に非常に便利です。
モーションブラー: 無効
V-Sync: 無効

ゲームプレイ/UI

インベントリ画面の文字表示(翻訳怪しす): 無効
○インベントリのキャラクター描写がなくなります。

ゲームプレイ/キー入力

ピーク設定をトグルかダブルタップに設定することをおすすめします。

バイブランス

一部のユーザーはReShadeを使用して彩度を追加していますが、これはわずかにフレームレートに影響します。
グラフィックカードのコントロールパネル設定のみ変更することをおすすめします。
NVIDIAグラフィックカードはデジタルバイブランス、AMDのグラフィックカードは彩度と記述されています。

バイブランスの自動設定

グラフィックカードの設定を変えるとデスクトップや他の画面にも影響します。
ゲームを閉じたり開いたりするときに、自動で変更できるツールがあります。
VibranceGUI(https://vibrancegui.com/)

PUBG用にVibranceGUIを設定する方法:

1.[手動で追加]ボタンをクリックします。
2.PUBGがインストールされている場所に移動し、TslGame.exeを選択します。
○デフォルトでは C:\ Program Files(x86)\ Steam \ steamapps \ common \ PUBG \ TslGame \ Binaries \ Win64 \ TslGame.exe
3.ゲーム内の彩度を100%に設定します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください