SF2MMDモデルをC4Dで表情モーフィングする方法

表情変えるってやつ。
もちろん、設定されてないと無理だけどそのあたりは朧月夜さんが頑張ってくれてます(感謝)。

SF2 MMD化計画 – オンボロTV

リップシンク設定されていれば、口も動くよって言う感じです。
今回はウィンクさせてみる。


SF2プレイヤーじゃないんで、どのキャラが良く使われてるのか分からないです。
ので、目についたキャラクターを選びました。
さくらっていうキャラの夏バージョンかな?


読み込んだ後、オブジェクトウィンドウを開いて、赤四角のところを押します。


そうすると概要タブが出てくるのであとはキーフレーム打ってあげるだけ。


パチリ♪

おしまい。

SF2のMMDモデルをC4Dにインポートする方法

先日作ったSF2の動画、3Dの部分は朧月夜さんが配布しているMMDモデルを使った。
感謝感謝!

で、MMDって実はそんなに使ったことがないので
まあそんなガッツリ動かすわけじゃないしってことで、C4Dに持っていったので、その工程というかやり方をメモ。
今後SF2の動画を作る人は是非やってみてね!

MMDモデルをダウンロードする

この辺は朧月夜さんのブログなりでやってね。

C4Dにプラグインを入れる

MMD Toolってのをダウンロード。

C4Dのプラグインフォルダにフォルダごとコピペする。
初期ではプログラムファイル→MAXON→C4D→Plugins

C4D起動してるなら再起動。

C4Dを起動してMMDモデルを読み込む


プラグインウィンドウからMMD Toolを選ぶ。


特に弄る必要ないので、このままインポートしてファイルを選択。

ただスケール50だと大きい場合もあるので10とか、まあ調整する。
後からも調整できるからあんま気にせず。


読み込めた。

キャラいじってアニメーションする

おしまい。

余談:武器データをインポートする

武器だったり他のオブジェクトも朧月夜さんがMMD用にアップしてくれてる。
けど、 .x ファイルっていう形式で、C4Dには読み込めない。
そこで、PMD Editorというツールを使ってObjに変換する。

.xを普通にD&Dで読み込んで、pmx編集ウィンドウのエクスポートからobjに変換。

読み込めた。

マテリアルとか整えて、かっこよくしちゃおう~

あと環境次第ではマテリアルがうまく読み込めないとかあるっぽい。
何回かやったけど、できない場合は自分で調整しましょう。

Siawase

SF2作り始めて1日ちょいで完成。

SF2の動画自体は初めてだったし、そもそもプレイ自体もβ以降やってない。
そんな中で作ったのでもしかしたら実際プレイしてる人からすると、ん?って思うこともあったかも…。

フローとしてはサドンアタックを思い出す感じで作れたけど、空中から自由視点が撮れないのが難儀。
協力してくれる人も心当たりないので、練習モードでちまちま撮りました。
/hud コマンド、便利。ただ武器も消えて欲しい。

前の記事であった3Dも使おうと思ったけど、そもそも使い所わからなくてボツにしました。
もし今後SF2の動画を作る機会がまたあったら、使ってみようって感じ。
こういうのも作った。残念ながら、使いところないのでボツ。

他は特にこれといって特別なことはしてないと思う。
ただエフェクト入れただけって感じ。時間短いのもあって疾走感あっていいと思う。

タイトルはSachiko→幸子→幸せ→Siawaseっていうことに。
しあわせ~~! CVカイジ

あ、高画質版といくつかのスクリーンショットを置いときます。
Siawase [JSF2] Dropbox

CS:GOをUnreal Engineで再現したい

追記:制作方法を書きました – https://azuleat.com/csgo-to-3dcg-tips/

CS:GOのムービーでいくつかフル3Dで表現されている動画あります。
最美麗な映像は、Nikkyy氏のClock Work4が有名かな?

これを見て、すごいなと思うのは実際のDemoとキルした敵の位置が微妙に違うこと。
つまりあとから敵やプレイヤーを3Dで再現していること。たぶん。
相当な労力がいると思うし、レンダリングいったい何時間かかったんだと…

で、まあそんな大掛かりなことは技術的にも、時間的にも当然自分にはできないわけで。
そんな中、あたらしい3Dの表現が生まれてきました。



Unreal Engineでのプリレンダムービー。


そもそもゲームエンジンですが、最近はその綺麗さに映像にも使われるようになってきました。
実際に使っている事業者とも話したことがありますが、結構推してきた印象です。

まず大きいのは、使用料金がかからないこと。
2年前までは月額20ドルほどの値段がかかっていた同ソフトは、それ以降ソフト使用自体は無料に。
ただ、Unreal Engineで作られたゲームの収益でロイヤリティが発生する形式になりました。
四半期で3000ドルを超えない場合は、ゲーム制作でもお金がかからない。年間で12000ドル前後です。

映像レンダリングなので、この制約は考えなくても良いでしょう…たぶん。

つまり今回はこのUnreal Engine4で、CSGOのムービーを作るということを目標にしています。
上記の Mind Tree はUnreal Engineでレンダリングしたと、制作者も豪語しています。
Its rendered in Unreal Engine 4

実際にやってみよう。

…とはいえ、まずUnreal Engine4初心者が使いこなせるはずもない。
そしてCS:GOのデモをUnreal Engineにインポートする方法は、そこまで明るみに出ていない。
ある一定コミュニティの中だけで完結し、RedditやYouTubeなどにはあまり出てきていない。
この状態では何から始めたものかと小一時間悩んだ末

とりあえずマップのインポートを行ってみた。
休みを1日費やした。1日。ガッツリPCと向き合って1日。

そしてできた。マップだけで1日。気が遠くなっちゃう~~。
ライティングとかは調整してないので、微妙だけど…。
次はカメラデータをインポートすることを目標に色々調べなくては。

RapidWorksのyudai氏と一緒に試行錯誤しています。

Bitseederで自動貸出して金利を稼ごう!

簡単に言うと暗号通貨を貸し出して利息をもらうっていうアレ。
日本円でも銀行に預ける、というか銀行に貸し出すと利息でお金が貰える。
とんでもなく微々たるものだけど、年で0.01%とかだったかな。

それの暗号通貨版。
海外の暗号通貨取引所でありPoloniexのLendingサービスを、自動でやってくれるサービス。
サービスを使いやすくするサービス的なやつ!

要するに、お金の貸出が自動でできて利息も貰えるよ~というもの。
設定だけしてしまえば後は寝てたり遊んだり何しててもいいので、気づけば金利収入が入ってくるっていう夢のようなシステム。

対応通貨は結構多くて
王道のビットコインはもちろん、DASHやLiteCoin、イーサリアム、リップルなんかにも対応してる。

金利

実際金利ってどんなもんなのってことだけど、銀行みたいに1%割ったりはしてない。
日によって当然変わるけど、概ね数10%はいくかな~というところ。
まあ放置してるんで毎日確認してるわけじゃないけど、多いときは100%/年とか書いてある。


いま見に行ったらとんでもなかったww

そんなに増えるとは思えないし、当然暗号通貨の為替レートでも変動。まあ増えたらいいよね精神でやればいいと思う。

設定

難しいことはそんなにないけど、Poloniexのアカウントが必要。
アカウントというか、この場合口座だね。

流れとしては
Poloniexに暗号通貨(今回はビットコイン)を入金して、レンディングに移動。
Bitseeder側の手数料はBitseederにいれる。

ここめっちゃ注意だけど、bitseederの手数料は1回入金すると出せない。
貸し出すお金はPoloniexにいれる。
手数料はそんなにかからないから、Poloに入ってる金の1%前後でいいと思うよ!

あとはAPIの設定とかなんだけど、bitseederマニュアルが1番分かりやすいのでしっかり読むこと。
こういうの読み飛ばすと失敗しちゃうよね、特にお金絡むから読もうね!

bitseeder クイックスタート


ちゃんと貸し出せてたらこんな具合で、履歴が出るので
もしでなかったら設定できてないってことかも?

コレメインに捉えずあくまで遊びの範疇でやろう、余剰資金で!

BATTLERITE JAPAN CHAMPIONS LEAGUEで賞金にMonacoin採用

画像は公式からお借り、ありがとうございます。
この記事は公式とは関係ないっていうパンピーの記事。

Battlerite自体は、去年の11月くらいにちょこっとやったっきり、それ以降一切やってないっていうにわかなんで
ゲーム自体については公式サイトを見ていただけると嬉しい。

今回の記事はそこじゃなく、賞金にモナコインを導入しているところ。
おそらくe-Sports関連では初の試みなのでは!

モナコインを選ぶあたりも日本の大会っぽくていい、と思う次第。
ただ、モナコインってなに?って人が参加してると受け取るのも面倒な気もする。

モナコインって?

簡単に言うと暗号通貨、名前の通り2ちゃんねる発祥。
日本発の暗号通貨はモナコインが初めて、先日紹介したNekoniumとかよりも全然前からある。


詳しくは公式でも。

まあよく言われるビットコインとかと同じ系統。

賞金に暗号通貨

コレ自体は個人的に面白い試みだと思う。いままでなかったし、暗号通貨を広めるような意味でもいい。
モナコインを選んだのもナイスなセンスだと思う。

最近PCショップArkでモナコイン決算できるようになったり、ちょいちょい需要もあがってくるんではないかな~
パソコンショップアークが仮想通貨の決済に対応、BitCoinとMonaCoinが利用可能に – AKIBA PC
海外だとどうなんだろう?調べてないので分からないけど、国内でもこういう動き増えるといいね!

Element3DでCSGOスキンをAEで再現

色々とやり方があると思うんですが、抽出だとか、そういうのはめんどくさい。
かといって動画や画像にアクセントとしてスキンを入れたい。
そんなめんどくさがり屋さんへの記事。

ワークショップスキンを作る際、objをダウンロードできる。
前の前のブログだけど、作り方の記事がある。
CS:GOのカスタムスキンを作る

OBJをダウンロードして、E3Dにインポートする。
これだけでインポートできる。

ただマテリアル画像がないので、CSGOSTASHやスキンサイトで勝手に拝借。

AK VulcanのスキンをAEで再現できた。


もうかっこいい。

Element3Dって、本当にすごいなあーって毎回思う。

PUBG ピストル比較

あまり使い勝手が良くないせいで、落下後の本当の意味での序盤以外はあまり使うことのないピストル。
屋上に降りたり、相手がまだ武器を持っていない段階などでは効果を発揮する。

2.4.13.7アップデートで持ち替え速度が上昇した影響で、多少は使い勝手が上がった。

ピストルガイド

イメージ 名称 使用弾薬 装弾数 / 拡張 射撃モード リロード方式
P18C 17 / 25 単発 / フルオート マガジン
P1911 7 / 12 単発 マガジン
P92 15 / 20 単発 マガジン
P1895 7 単発 1発ずつ

ゲーム内では最も手に入りやすく、比較的どこでも見つけることができる。
ただし威力も低いので、対人利用は序盤以外は現状あまり使われることはない。

窓ガラスを割ったり、威嚇射撃、タイヤのパンクなどには中盤以降も利用価値がある。

またアタッチメントのサプレッサー(拳銃)のドロップ率が高いので
上記の目的に使用する際に、効果を発揮する。

P18Cだけはフルオートでの射撃が可能。連射速度も速い。
また、P1895はマガジンタイプではないので1発でも装填されていれば射撃することができる。
そのためリロード途中でも撃つことができる。

性能比較

イメージ ダメージ 弾速 連射速度 リロード時間
19 375 0.06秒 2秒 / 1.7秒
35 250 0.11秒 2秒 / 1.7秒
29 380 0.135秒 2.1秒 / 1.8秒
46 330 0.4秒 フルリロード時間6.25秒
1発目 / 1秒
2発目以降 / 0.75秒

プレイしていれば何となく分かるような項目。

同じ9mmでもダメージが違う。
リロード時間はマガジン形式のものはほとんど誤差と言ったところ。

アタッチメント比較

イメージ
× ×

P1895以外は全部装着可能。
サプレッサーは全てのピストルで装着できる。