CS:GOをUnreal Engineで再現したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

追記:制作方法を書きました – https://azuleat.com/csgo-to-3dcg-tips/

CS:GOのムービーでいくつかフル3Dで表現されている動画あります。
最美麗な映像は、Nikkyy氏のClock Work4が有名かな?

これを見て、すごいなと思うのは実際のDemoとキルした敵の位置が微妙に違うこと。
つまりあとから敵やプレイヤーを3Dで再現していること。たぶん。
相当な労力がいると思うし、レンダリングいったい何時間かかったんだと…

で、まあそんな大掛かりなことは技術的にも、時間的にも当然自分にはできないわけで。
そんな中、あたらしい3Dの表現が生まれてきました。



Unreal Engineでのプリレンダムービー。


そもそもゲームエンジンですが、最近はその綺麗さに映像にも使われるようになってきました。
実際に使っている事業者とも話したことがありますが、結構推してきた印象です。

まず大きいのは、使用料金がかからないこと。
2年前までは月額20ドルほどの値段がかかっていた同ソフトは、それ以降ソフト使用自体は無料に。
ただ、Unreal Engineで作られたゲームの収益でロイヤリティが発生する形式になりました。
四半期で3000ドルを超えない場合は、ゲーム制作でもお金がかからない。年間で12000ドル前後です。

映像レンダリングなので、この制約は考えなくても良いでしょう…たぶん。

つまり今回はこのUnreal Engine4で、CSGOのムービーを作るということを目標にしています。
上記の Mind Tree はUnreal Engineでレンダリングしたと、制作者も豪語しています。
Its rendered in Unreal Engine 4

実際にやってみよう。

…とはいえ、まずUnreal Engine4初心者が使いこなせるはずもない。
そしてCS:GOのデモをUnreal Engineにインポートする方法は、そこまで明るみに出ていない。
ある一定コミュニティの中だけで完結し、RedditやYouTubeなどにはあまり出てきていない。
この状態では何から始めたものかと小一時間悩んだ末

とりあえずマップのインポートを行ってみた。
休みを1日費やした。1日。ガッツリPCと向き合って1日。

そしてできた。マップだけで1日。気が遠くなっちゃう~~。
ライティングとかは調整してないので、微妙だけど…。
次はカメラデータをインポートすることを目標に色々調べなくては。

RapidWorksのyudai氏と一緒に試行錯誤しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください