AGR-Import-Export-FBX ツールについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGR関連のプラグインの CSGO-AGR-Import-Export-FBX について書きます。

簡単に言うと、ImportとExportを同時にできて、かついろいろ設定できるからBlenderだけでいけるよツールです。

そもそもAGRってなんぞって人は HLAEのAGRを使ってみよう! を呼んでください。
3Dに関しては CS:GOをUnreal Engine 4でムービー化 を。

できること

  • .agrのインポート
  • mirv_streams record agr record invisible 1で録画した場合の生存データと死亡データの統合
  • physicsの削除
  • すべてのアニメーションを個別ファイルでFBXエクスポート

面倒なとこはぜんぶこれがやってくれるって感じです。

また、record weaponをした場合でも落ちた武器以外は消してくれる機能もあります。

つかいかた

Blender Source Tool、afx-blender-scriptsをインストールした後、このプラグインを入れます。

インポートから AGR Import and Export FBX を選択。

  • FPS 録画したときのhost_framerateに合わせてください。
  • /: そのまま1
  • Asset Path デコンパイルデータのパスを入力
  • Add interpolated key frames 極端にフレーム落ちしてるやつとかに効果あるみたいですが、なしでOK
  • Scale そのまま0.01
  • Scale invisible to zero チェック入れると自分の環境ではUE4でよみこめません。
  • Preserve SMD Polygons & Normals よくわからないけどチェックでOK
  • Exports Path FBXのエクスポートパスを入れてください。どこでもOKです。

これをいれてagrを読み込み。

読み込み→個別書き出しまで全部やるので、めっっっっちゃながいです。
ExportPathに設定したところに afxGameRecord ができているのでそこに格納されます。

 

こんなかんじです。

RunAndDeathっていうのが、一括ファイルです。逆に言うと死んだキャラのデータです。

これができたらUE4にそのまま入れてもOK。

非常に簡単かつ、3D化が早くなる良いツールです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください