HLAE

CSGO Demos Managerを使おう!

CSGOのデモを見やすくするツールでCSGO Demos Managerというものがあります。

プレイヤーとしてデモを研究するのにも効果を発揮しますし、ムービーメーカーとしてデモを整理・録画するのにも非常に有用なツールです。

今回はその CSGO Demos Manager の使い方をご紹介。

とはいえ自分は動画を作る方なので動画を作る感じの紹介。

何ができるのか?

その名の通りデモをマネジメントできるソフトです。

CS:GOを起動することなく、各ラウンドのキル状況や投げ物の起動、撃ち合いの発生箇所など事細かに見れます。
指定ラウンドだけデモを見ることも可能です。

マッチメイキングのデモはもちろん、各PUGsのデモも再生できます!

ただしPOVデモは動作しません。あくまでGOTVのみということになります。

ムービー制作に使用する

このソフトの仕様上、どこでキル発生があったかわかること、コメントなどの機能もあるので
フラグシーンのラウンドを簡単に把握できるので動画制作に使えます。

また、このソフトウェア自体HLAEと連携しているので、個別にHLAEを用意する必要もありません

連携している、といっても起動できるというだけではなく
MOVIEタブからそのラウンドを自動で録画できたりします。

キルログの設定などもここでサクッとできるので、ハイライトの設定なども可能。

FFmpegやVirtualDubも連携していますが、コーデック指定ができないので非圧縮になってしまうのだけネック。
ただ個人的にはキルログ設定だけして、自動録画せず自分で録画開始するといいかなと思います。

AGR-Import-Export-FBX ツールについて

AGR関連のプラグインの CSGO-AGR-Import-Export-FBX について書きます。

簡単に言うと、ImportとExportを同時にできて、かついろいろ設定できるからBlenderだけでいけるよツールです。

そもそもAGRってなんぞって人は HLAEのAGRを使ってみよう! を呼んでください。
3Dに関しては CS:GOをUnreal Engine 4でムービー化 を。

できること

  • .agrのインポート
  • mirv_streams record agr record invisible 1で録画した場合の生存データと死亡データの統合
  • physicsの削除
  • すべてのアニメーションを個別ファイルでFBXエクスポート

面倒なとこはぜんぶこれがやってくれるって感じです。

また、record weaponをした場合でも落ちた武器以外は消してくれる機能もあります。

つかいかた

Blender Source Tool、afx-blender-scriptsをインストールした後、このプラグインを入れます。

インポートから AGR Import and Export FBX を選択。

  • FPS 録画したときのhost_framerateに合わせてください。
  • /: そのまま1
  • Asset Path デコンパイルデータのパスを入力
  • Add interpolated key frames 極端にフレーム落ちしてるやつとかに効果あるみたいですが、なしでOK
  • Scale そのまま0.01
  • Scale invisible to zero チェック入れると自分の環境ではUE4でよみこめません。
  • Preserve SMD Polygons & Normals よくわからないけどチェックでOK
  • Exports Path FBXのエクスポートパスを入れてください。どこでもOKです。

これをいれてagrを読み込み。

読み込み→個別書き出しまで全部やるので、めっっっっちゃながいです。
ExportPathに設定したところに afxGameRecord ができているのでそこに格納されます。

 

こんなかんじです。

RunAndDeathっていうのが、一括ファイルです。逆に言うと死んだキャラのデータです。

これができたらUE4にそのまま入れてもOK。

非常に簡単かつ、3D化が早くなる良いツールです。

CS:GOをUnreal Engine 4でムービー化

CS:GOのデモを3D化して、各種3Dソフトにて再現しようという記事。
自分もまだ試行錯誤中なところがあるので、全て完璧ではないのでご了承ください。

またこの記事はいわゆる普通のフラグムービーの制作方法とは異なり
様々な外部ソフトを使いますので、そこもご了承ください。

ざっくりな説明になると思うのですが、参考になれば幸いです。

続きを読む

HLAEのAGRを使ってみよう!

以前HLAE Streamsについて触れましたが、今回はその記事でもポロっと出てきた
afx Game Record、通称agrについて解説していきたいと思います。

関連 : HLAEのStreams機能を使って録画してみよう!

はじめに

この記事はHLAEの記事となります!
そもそもHLAEってなんだよ!って人は、上記リンクもしくは以下の記事のHLAE項目を見て下さい。

関連 : CS:GO ムービー制作のすゝめ

Streamsは要するに同時にいくつかの映像を出力する機能、だと説明したのですが
実はもっと多くの機能が備わっています。

その中でも映像出力とは少し役割の違う機能が、agrです。

afx game record ってなに?

さて、agrって何?って聞かれると少し表現しづらいのですが…
CS:GOにおけるメタデータの出力が可能な機能です。

メタデータってなんだ?ってなりますが、CS:GOのデモは元々何秒でキャラクターが走り
何秒で飛び、何秒で倒す、または倒される…といったデータが記録されています。
動画として保存されているわけではないので、容量も軽く抑えられているわけです。

再生にはCS:GOが必要です。
ただ、それを他のソフトで読み込むように再出力するのが、agr機能というわけですね。
続きを読む

CS:GO 3DCGフラグムービー Attempt

本日やっと新しいCS:GOムービーをアップロードしました!
CS:GOの動画をアップするのは実に2年ぶりです。前作が2016年初頭でした。

タイトルがAttemptで、試す的な意味もあるみたいです。
今回の試みとしてはUnreal Engine4でのレンダリングでした。

追記にいろいろ雑記載せます。

続きを読む

HLAEのStreams機能を使って録画してみよう!

はじめに…

HLAEの機能の1つにStreamsという機能があります。
その機能を使えば、とても映像の幅が広がるのでぜひ使っていただきたい機能の1つです。
しかし、やれることが多いということはその分複雑です。

この記事ではStreamsでできることの紹介をしたいと思います。

続きを読む