スキン

CS:GO Case Hardened スキンガイド

CS:GOの Case Hardened に関する日本語ガイド記事です。

このスキンも模様が変動します。
Dopplerのように別アイコンなどはないですが、個体によって大きく模様が異なるスキンです。

続きを読む

CS:GO Fade スキンガイド

CS:GOのFadeスキンに関する日本語ガイドです。

個体によって模様が変動するスキンです。
また変動率により値段や人気度も変わります。

続きを読む

CS:GO Doppler & Gamma Doppler スキンガイド

CS:GOのDopplerとGamma Dopplerの日本語ガイド記事です。

同じスキン名ですが、別の模様パターンがあるスキンです。

Doppler

Chromaケースで実装されました。
また、先発5種のみではなく後発もSpectrumケース実装により実現しています。

このあたりは CS:GO ナイフ&グローブスキンの記事を見ていただければと思います。

Dopplerの種類

同じDopplerという名称でも、内部では7種類に分かれていてそれぞれアイコンも違います。
それぞれ個別に名称がついていますので画像で紹介します。


クリックで拡大できます。

画像ではM9 Bayonetを用いていますが、他のナイフでも同様の色変化があります

Dopplerの特徴

画像の上段は一般的なDopplerスキンで、値段もそこまで差異がありませんが
下段はレア度が高く、出にくいのと人気スキンのため値段も跳ね上がります。

またルビーやサファイアなど100%のものはあまり目立った変動はありませんがPhase1から4にかけては、同じPhaseでも色の比率が変わります。

Phase1、2のBlackは少し紫がかった色になっているのも特徴の一つです。

Gamma Doppler

Gammaケースで実装されました。

2018年4月現在では先発ナイフの5種のみ実装されています。

Gamma Dopplerの種類

概ね、Dopplerと同じイメージで大丈夫ですが、通常Phaseが4種類、レアが1種類とDopplerに比べて2種類少なくなります。

Gamma Dopplerの特徴

Phase1、2はDopplerと同じような変動の仕方ですが3、4のみ独自の色が入ります。
3の場合は水色、4の場合はライトグリーンのような色です。

エクステリア

0.08以下のエクステリアは出現しません。
必然的にFactory Newが出る確率のほうが高くなります。

関連記事

 CS:GO ナイフ&グローブスキン

 CS:GO スキンシステム概要

CS:GO ナイフ&グローブスキン

CS:GO スキンシステム概要 でも軽く触れましたが、このゲームにはナイフのスキン、そしてグローブのスキンが存在します。これらはもっともレアリティが高く、しかも特定のケースからしか出ません。

ということで実装されるごとに乱雑になっているナイフ・グローブスキンをまとめてみました。

めちゃくちゃ長いのと画像多用しています。

またこの記事の画像はクリックで拡大することができます。

続きを読む

CS:GO スキンシステム概要

はじめに…

前々のブログから、色々書いてはいたのですが年月が経つと共に当然情報は古くなってきてしまうので
この際刷新してしまおうということでこの記事にまとめてみました。

いくつかの項目、または記事に分けて書いていこうと思います。

続きを読む